小論文を対策しよう

勉学

型を身につける

小論文を手っ取り早く対策したいなら、小論文の型をマスターしましょう。
小論文の型には理想的な書き出し方から結論に至るまで、「どの段落にどれぐらいの文字数が必要」かある程度決まっています。ですから、小論文の型を覚えておけば、各段落構成で悩む時間を減らすことができます。

表現の幅を広げる

小論文においては、表現の幅、つまり、ボキャブラリーの多さが重要になってきます。頭で文章を構成しても、上手く書き出せなければ、相手に伝わりにくい文章になってしまいます。ですから、電子辞書などを活用して、語彙力をアップさせましょう。

色んな人の小論文を読む

自身以外の小論文を読むことも対策する方法としておすすめできます。他の人が読んでいる文章を読むことで、他の人から語彙力を学ぶことができますし、段落構成の作り方や文章の流れについても学ぶことができます。

塾で対策する

近年では、小論文の対策に力を入れている塾も数多くあります。もしも、独学で勉強することが難しいようならば、塾に通って勉強するのも一つの手段でしょう。塾では講師が小論文のノウハウを丁寧に教えてくれるので、身につきやすいです。

出題傾向を予測

進学校に合格しようと思ったら、その進学校の過去のデータから出題傾向を予測することをおすすめします。全国各地、どこの学校でも少なからず、出題傾向が偏っていることが多いです。そのため、自身が行きたい学校がよく出しているテーマについて、小論文を書く練習をするといいでしょう。

広告募集中