新着情報

小論文で注意するポイント

自己主張

小論文において、自己主張とは読み手に何を伝えたいのかをハッキリさせる重要なポイントになります。小論文では、テーマに沿う文章を書くだけでなく、自身の言葉で、何を伝えたいのかをハッキリと書くようにしましょう。

感情的な書き方はNG

感情的な書き方は小論文では、あまり適切とは言えません。場合によっては、感情的な書き方をした方が読み手を納得させることもできます。しかし、基本的に相手を不快にさせることが多いので、感情的な書き方は控えるようにしましょう。

一人称を統一させる

文章を書くうえで、当たり前なことですが、一人称を統一させることも大切です。特に、小論文では一人称を統一させないと、文章に違和感を覚えてしまいます。小論文で理想的な一人称としては「私」がベストなので、覚えておきましょう。

ら抜き言葉に注意

ら抜き言葉とは、動詞において「ら」が省略されている言葉です。そして、小論文のミスで多いのが、この「ら抜き言葉」になります。ら抜き言葉は普段の日常生活で使用している分、小論文にも書きやすいので注意しましょう。

曖昧な表現は避ける

小論文を書くうえで、曖昧な表現はできるだけ避けるように心掛けましょう。特に、「○○だと思う」などの曖昧な表現を多様してしまうと文章の説得力が無くなってしまう可能性もあります。自身の主張を述べるときは「○○と考えられる」などが理想的です。

中学受験を成功させるコツを徹底解説!
さまざまな情報を紹介シルバーアクセサリー専門の通販サイト
好みのアイテムを見つけよう♪将来のために大学をしっかり選ぼう
全国の学校を紹介中【PR】
医療系の職業、学校、受験対策(面接・小論文 )情報
情報を活用して自分の夢を叶えよう!

小論文の基本的な書き方

筆記用具

受験で必須科目

最近では、小論文が多くの進学校の受験に取り入れられていて、受験でも重要な科目として扱われています。受験の小論文では通常のテストでは測ることができない、表現力や発想力などが試されます。そのため、通常のテストよりも苦手だと感じる方も多いのです。

考える力を求められる

小論文に一番必要なのが、自身の頭でテーマに沿った内容を考える力になります。特に、小論文には文字数の制限があるので、順序よく話を展開させないと文字数がオーバーしてしまいます。つまり、小論文を適度な文字数に抑えて文章を書く力が求められるのです。

上手く文章をまとめる

自身が納得のできる文章を書いても、相手に伝わらなければ、不合格になってしまいます。ですから、読み手がわかりやすく、納得できる理論を提示したうえで、文章をまとめることを心掛けましょう。上手く文章をまとめるには、小論文の構成の流れをきちんと起承転結させる必要があります。

論点を重視

小論文は基本的に長い文章を書かなければいけません。そのため、文章構成が難しく、悩んでしまいがちです。しかし、小論文で意識してほしいのは、「論点」になります。小論文ですから、文章を書いてるときに論点がズレてくるとテーマに沿わないどころか、相手に何を伝えたいのか分かりません。ですから、論点ズレしないように心掛けましょう。

小論文の疑問点

小論文で大事なことは?

小論文で求められているのは、そのテーマに対しての答えをハッキリと明確に書き出すことです。つまり、自身がテーマについて、どう思っているのかを、理由をもって説明して書くことが、大切です。

小論文と作文の違いは?

小論文と作文には大きな違いがあります。小論文はテーマに沿った自身の意見を述べて、なぜその意見なのかの理由を説明する書き方をします。一方、作文はテーマの体験談や感想を書くことが求められます。

小論文の書き出しのコツは?

小論文の書き出し方のコツはずばり「段落構成」です。小論文は一般的に序論、本論、結論で書くことが理想的です。書き出し方で時間がかかるようでしたら、問題提起から文章を書いてみるといいでしょう。

制限文字数を守るためには?

小論文でありがちなのが文字数オーバー。せっかく、いい文章を書いても、文字数オーバーしてしまうと減点対象です。そうならない為にも、予め、段落構成ごとの文字数を決めて書くことを心掛けましょう。

学校によってテーマが違う?

当然のこと、各学校ごとで出題されるテーマは大きく異なります。そのため、受験する学校がよく出題しているジャンルのテーマを重点的に勉強するといいでしょう。テーマを押さえているだけでも、大きなアドバンテージです。

広告募集中